幸福はささやかに・・・

濃霧

f:id:moshiryu33:20181016110706j:plain

この頃、朝は濃霧に包まれます。

     今日は特に、長い時間晴れませんでした。

 

 

 f:id:moshiryu33:20181016110802j:plain

  お寺の正面から。

 

f:id:moshiryu33:20181016110837j:plain いつもの小路。

 

静かで、すべて真っ白な霧に包まれた朝は─使い古された言葉ですが─やはり幻想的で、なんともしっとりとした気持ちになります。

 

もの言わぬ生物や仏さまも、その存在だけで語っていて、こちらはただ感じるだけ。

さすがのカラスも、今日はこの深い霧のためか、活動が遅いようです。

 

 

今月6日から来訪者が続いて(気が置けない知人なので気楽です)、今日は和尚様が、遠方からのお2人を連れて、盛岡市内を巡りに出かけられました。

尼僧さんは草刈りへ、私は残って掃除や洗濯など家事に勤しんでいます。

 

 

 

一人おやつ、今日のお菓子は、青森の「薄紅」というリンゴの菓子・とおりもん・もち吉の小さいおかき。なかなか豪勢でしょ?

おきな屋さんの薄紅。f:id:moshiryu33:20181016111935j:plain

リンゴを砂糖漬けしたようなお菓子ですが、甘みは思ったよりしつこくなくて、

濃いコーヒーなどにぴったりです。

 

 

そろそろ、リンゴを送る季節だなあ、とこれを見て思い出しました。

その他、ドイツのFB(フェイスブック)友達には編み物の本。

一周忌を迎えた親戚さんに、品のいいお菓子。

リンゴは大学の友人や、著書を寄稿してくださった方へ。

 

贈り物を考えるとき、なぜかわくわくしませんか?

自分はこうした暮らしをしているので、一般的な付き合いはあまりなく、本当に差し上げたい人にだけ贈るせいかもしれません。

 

 

さて、午後はまた坐禅のお客様がみえるとか。

雪が降る前、しばらくこうした状態が続きそうです。有難いですね!