幸福はささやかに・・・

「主人公」を忘れるな!

        f:id:moshiryu33:20180915104840j:plain 

         ぼわんとぶれた写真。

 

最近、こんな感じの学生が卒論の研究とかでこちらにやってきます。 

一見するとさほどボヤッとしては見えないのですが、何度か会っているうちに

(なんだかおかしいな)

と思うようになりました。

 

その理由は、

 1.そもそも自分でテーマを決めることができず、先生に言われて来ていること。

 2.挨拶ができない。例えば、一度も「大変お世話になりますがよろしくお願いします」などと言ったこともない。来ても、きちんと挨拶しない。

 3.なぜか、受け答えができない。

 4.来る日の約束をしても守らず、また何時がいいかとか相手の立場を考えない。 

 等等。

 

これでも公立大の学生です。

女の子で、バイトもしていて走るのが好きだ、ということは最初に聞きました。高校生の時陸上をしていたらしい。体育系ならもうちょっとはっきりしているのでは?と思う私は間違っているのか。

 

初めは皆、若い人が頑張っているとなると、たとえ無償でも、善なる気持ちで接しますよね。

でも、せめてやる気や、常識程度でもいいから礼儀が見えないと、相手の勝手に応じて時間を割くこちらとしては、

「別にやりたくないことやったって意味ないんだから、もう来ないでほしい」

というぐらいの雰囲気になってしまいます。時間がもったいない。

 

 

あのね・・・

 

 やる気ないなら、やめろ!!

 

 

なのよ。

僧侶の皆さんは朝4時から起きて行や作業をされていますが、我慢して笑顔で対応されます。

しかし、やはりどんな人も自分の目的がはっきりしていなければ、こちらが心を砕いても自滅していくような気がする。

まあ、頭はいいだろうからなんとかまとめるとしても、このままだと嘘の卒論になるのかな。

 

 

言うなれば彼女は、禅語でいう「主人公」になっていないんです。主体がなく、大事なところは相手任せ。大丈夫なのか?

 

幽霊と対しているみたいですよ、まったく。

 

         f:id:moshiryu33:20180915111028j:plain 

         

      なんでもいいいから、パキッといこうぜ!パキッと!!