幸福はささやかに・・・

陽だまりのなかで

f:id:moshiryu33:20180615165550j:plain

 

数日前、休憩時にたまたま再放送でターシャ・チューダーの曾孫さんなどが出ているドキュメントを見ることが出来ました。

最後まで観られず残念でしたが、それでも伝わるものがたくさんあって、気持ちがとてもす~っとしたのでした。

イムリーで観られた方はたくさんいらしたでしょうね。

 

 

ターシャの曾孫の女の子は学校へ行かず、両親と独自に学ぶ生活をしていましたね。

その子のほんとうに(!)自然な生き生きした姿と、ターシャが遺した庭や生活習慣、そしてそれを尊ぶ家族・友人たちなど、画面に出てくるすべてが静かでbeutifulなことに胸打たれました。

 

思えば私も学校は(気持ちの上で)そう好きではなかったなあ・・と思い出したり。

私にとっては、一面クローバーの生えた庭で犬や鶏たちと日がな一日過ごすのが最高に安らかな時でした。ほとんど小学校時の記憶がないのも不思議なことです。

 

ターシャの曾孫さんは、ターシャに似ているみたい。

彼女が虫や動物、植物に興味を持ち、生活に密着した学びを深めている様子や、ひよこの鳴き声でその気持ちがわかったりするところは、おばあちゃん譲りかもしれませんね。

 

 

上はすごく働き者のターシャが、愛犬のコーギーと芝生の上でふっと休んでいる微笑ましい写真。

陽だまりのなかでなんと幸福そうなことか。

 

生涯の最後のほうで、こうした安心─あんじん・・一種の悟りの状態でもあり、深い深い安心(あんしん)の状態─の姿でほわっとそこに居られるって、いいですね。

じっと見ていると、なぜか涙が出てきます。

 

何を選択し、どう生きるかは皆それぞれが取捨選択するもの。

こうして手放しにふっと笑み、それ以上でも以下でもない満ちたに、自分もいつか出会えるといいな、と思いました。

 

曾孫さんのことはきっとまたドキュメントで観ることが出来るでしょう。

それを楽しみに、私も今日を頂いてまいります。