幸福はささやかに・・・

藤に寄せて

f:id:moshiryu33:20180516161044j:plain

 

いよいよ清らに

小さな花を房にして

 咲く藤よ

 

   蜜蜂たちが

    羽音をさせて飛び回り

   その香りは

   ひと気のない庭に充満して

 

小さなマリア像は

その下で

湧き水を守り

 

わたしは一人佇む

 

  このもったいない空間に

   いるのは

  たしかに 神仏といわれるものと

    鎮まった精霊たち

 

ああ

この現世(うつしよ)にあって

 いま触れる清らな風と空気は

  常世のものか

 

萌えるみどりと

きらめく湖の水面

やさしい香り

 白の穢れなさ

 

藤よ

もう少しここに

いさせておくれ

 

   会釈して通り過ぎた

   老シスターのように

   そっと

    見なかったようにして

 

 もう 少しだけ