幸福はささやかに・・・

よく眠りました。

 

      f:id:moshiryu33:20180303165937j:plain

       内田彩仍さんの愛猫、クリムちゃん。

 

今朝、起きるとなんだかちょっと目眩がしたので、お粥を頂いてから少し眠るつもりで布団に入ったら・・・12時過ぎまでぐっすり!!

 

夕べ、映画『連合艦隊』というのを観たせいもあるでしょうか(2時間半もする)。

編集の疲れと相まって、自然のことだったのかと思います。

そのせいで家事はまったくできず、今からおさんどんだけ取り掛かります。もしお仕事をしていたら、こんな風に寝ていられないのに、家にいる幸せですね。

 

私は風の音にも弱くて、大風の夜はあまり良く眠れません。

それ以外は、大体大丈夫です。

 

よく眠ると、なんとなく起きがけの顔が子供みたいで、可愛いものですね。自分で言うとおかしいですが、たまにはぐっすり眠らないといけないと思いました。

 

連合艦隊』を観るきっかけは、和尚様が「群青」という歌がお好きで、この映画の主題歌だったからです。どんな映画なのか、一見しなくちゃ!と観ましたが、やはり涙なくしては・・。

海軍にも立派な軍人がいて、むやみな戦争やこの先の日本の行く末を考えて、実りある意見を言っても、なかなかそうならないという現実。そうして愚かな戦争へ邁進してゆく。 されど、いちど決まったことに対し、命を捨てるのは覚悟の上で夫々が任務を全うしていく。

稟さんのお祖父さまが大和の護衛艦に乗っており、その沈没を目にしたそうです。泳いで奇跡的に助かったけれど(2人の生存者がいた)、魚雷や特攻隊などで亡くなった若者・仲間たちのことを思ってか、生涯多くを語ることはなかったそうです。

 

今、いろんな国で昔のそうした戦禍にまつわる事実(かどうか、わからないこともある)を持ち出して、相手の国を批判の対象、国政の目くらましにしている風潮があります。どこを切り取っても人間の歴史に戦や惨酷なことはあるし、もみ消されたものも多くある。お互いに謝罪の気持ちを持ち、前に向かっていかないと、恨みの連鎖だけが続いてしまいます。

 

自分はただの主婦ですから、そうしたことも大事ですが、目の前のささやかなことに心砕いていくだけ。

しかし、なんであれ、お国のために亡くなられた方々には、ほんとうに合掌です。

そして地球上、どこに行っても、散った命が眠っているように感じます。

 

 

 

さて、気分を変えて夕飯の支度をしますね。下田の干物があるんですよ~!