幸福はささやかに・・・

負けて勝つ

勝負事とか、いろんな場面での勝ち負けってありますけれど、日本人が大切にしてきたよき精神面での伝統に、『負けて勝つ』というものがありますね。

 

オリンピックなどで、例えば柔道の選手が勝ってガッツポーズをするようになったとき、和尚様は「ああ、柔道もスポーツに成り下がったな」と思われたそうです。

スポーツが悪いというわけではないのですが、『道』とつくものには、礼儀とか精神を鍛える─ひいては人格を育てる目的が大きくありますので、私もそれを聴いて(なるほど・・)と共感しました。だからといって、選手の皆さんは皆さんで相当努力しておられるのですから、その価値を否定するということではありません。

 

 

f:id:moshiryu33:20180204165547j:plain

               柏戸

 

ここしばらく、お相撲協会の話題が出ています。

自分が好きな力士は、昔の柏戸という人で、そのほかは北の海、千代の富士です。実を言えば、お相撲のことはあまり良く知りません。見るのは好きで、正々堂々と裸でやる相撲は、ほんとうにすごい迫力で、惹き付けられます。

 

貴乃花親方を特に好き、とかファンであるという自覚はありません。ただ、マスコミが表現するのと一般の人が思うところで、私から見るに、大きな開きを感じます。

最も知りたいのは・・

 

Q.貴乃花親方は、『相撲道』のために命を懸けておられるから、何かとても強い意志がおありで、皆が(いまひとつわからない)と思う態度をされてきたのか。

ということ。

 

社会では、組織にいれば組織での常識みたいのがあって、それから外れると皆に迷惑をかける、または問題がややこしくなったり大きくなってしまう、ということがあると思います。

それにどちらかというと、(長い歴史の中で)女性よりも社会的な生き物といえる男性のほうが組織に対するルールについて、嫌でも厳しい体験をしてきているかと想像します。

ですから、最初は男性の批判が(貴乃花に対し)多かった気がする。

 

でも、今は????

 

 

あと、何も知らない私がふと思うのは──

八角理事長が責任をとらないのはどうしてなんだろう??ということ。

 

貴乃花親方は、確信犯で今回落ちるのも覚悟で選挙に出た。

(一門では、考えや流れが一応一致しているらしい)

 

とにかく、相撲協会では、うるさい面倒くさい人を、ちゃんと処分したので、一安心、ということでしょうか。組織を守った、お相撲の人気を落とさないよう努力した、ということでしょうか。

 

私は貴乃花親方を「好き・嫌い」でみたら、そう一言では言えません。でも、改革したい強い信念をお持ちだとしたら、この一連の態度にはうなづけるものがあると感じました。

結果的に『負けて』その後信念に基づいた改革に結びつき、将来『勝つ』かどうか。

(ここでいう『勝つ』は、個人的なことではないです)

 

そして悪い習慣がなくなるかどうか。

相撲道というものが(自分には深すぎて理解しかねますが)復活、または守られていくかどうか。

 

f:id:moshiryu33:20180204165619j:plain

                北の湖

 

 

お相撲に関わらず、日本のよきものが消えていかないよう、どこかで頑張っている人がきっといらっしゃることでしょう。

これから人を見るに、「うまくやれる」のではなく、そこに本当に人の心を動かす信念があるかどうかを見極められるようになりたいです。

あるいは、その時理解できなくても、後から見れば『やはりあの○○は必要だった』ということもありますので、急いで人を判断しないようにしたい。

 

うちの和尚様も、少数派です。

言葉はオーバーかもしれませんが、多分、全国の檀家寺のお坊さんを敵に回すぐらいの信念があるかと・・

 

好戦的でもないし、いつも普段は穏やかな和尚様に、上記のことをどうお考えなのか聞いてみたい。

社会には社会での必要悪があります。上に立つ人には『善悪併せ呑む』力量、随うものには『長いものに巻かれる』必要もありましょう。

 

どちらにしても、全体がよい方向へいってほしいです。

 

貴乃花部屋でもいい人が育っているし、頑張ってほしい。

 

 

       f:id:moshiryu33:20180204165701j:plain 千代の富士

 

余談ですが、野球の大谷選手は「野球が一番うまい人になりたい」と言い、

菊池雄星選手は「野球を一番練習する人になる」と言っています。

そんな、大志をもってあっけらかんと、しかし実際に努力できる若者たちに、とても明るい未来を感じます。素敵です!

 

 

人のことばかり言うのではなくて、では自分は・・・??

「中庸でありつつ、自分の信念をもち、慈悲あるおばあさんになりたい」!!

 

に向かって、精進します。はい!