さもなくも愛おしい日々。

詩ではないです、つぶやき

~晩柑をつぶやく~

 

うす黄色の晩柑は

見た目は悪いが

とてもジューシー

 

 滅多に会えないかわりに

 なんだか満足する

 まるで

 おとなしめで

 気になる転校生のよう

 (わりにすぐ、また行ってしまう子)

 

サラダに、ヨーグルトに・・

もうひとつ、とすぐ手が伸びるわけではないけれど

晩柑は

猛暑の夏 地味に私を生き返らせる

 

油蝉の声を聴きながら

皮をむいていると

やはり控えめな香りが

そこらじゅうに広がった

 

 一人でふふと 笑う

 ささやかに嬉しいひとときf:id:moshiryu33:20170726122945j:plain

 

分別の心からはなれ、今をただ自在に生かされますよう・・ 。