さもなくも愛おしい日々。

今朝は晴れ!そして・・

今日はようやく晴れましたよ!

お寺のお休みの日なのでゆっくり起きました。お坊さんたちは金曜日恒例の市内托鉢に出発。下は托鉢前に読経をしているところ。

 

    f:id:moshiryu33:20170609115949j:plain

左から、住職の慈光さん、受戒者の裕子さん(66歳)、眼帯をしているのが受戒者の慈萌さん(今年の誕生日で20歳になります)、右が若い尼僧の紹禀さん。

(宗鑑さんは長野方面へ遠鉢中)私も受戒してますが・・・しばらくお休みさせてもらいます。

 

 

 

皆さんにすみませんが、私は遅い朝食をいただき、まったりして・・。

 

   f:id:moshiryu33:20170609114505j:plain

昨日の残りのハンバーグ、サラダを少しと、バナナ・黒豆、卵サンド。

 

 

  f:id:moshiryu33:20170609114645j:plain

 托鉢のお見送りのとき、この野バラがとても綺麗で。思わずパチリ!

 ひやっとする風があって、さほど暑くない気候です。

 

うちのカメさんたち。  f:id:moshiryu33:20170609114807j:plain

ちょっとタライが狭くなってきたかな?お水を替えてあげました。

 

 

               ******

            

 

さて、雨と強い風に見舞われた昨日8日、学生時代のお友達と雫石方面へドライブへ。

友達は、還暦の同窓会があるため帰省したんです。(私はまだ身体に自信がないので泣く泣く欠席に・・)ああ、皆に会いたかったなあ。

 

 

「お蕎麦の美味しいお店へ行こう!」と、下調べをして『そば処・久保田』というお店に向いました。

f:id:moshiryu33:20170608204552j:plain

  *この写真は雫石町のグルメのナビからお借りしました。

 

ロッジ風の綺麗な外観。

緑が一杯で雨にぬれて、お庭はこの写真より綺麗でしたよ。

私が食べたのは、舞茸天ぷらの温かいお蕎麦、800円。

     f:id:moshiryu33:20170608204740j:plain

甘めのお汁で、蕎麦の味がしっかりしていました。雫石はよく蕎麦が採れます。

舞茸もこの辺ではよく売っていますが、天ぷらはとても大きくて、食べがいがありました。多すぎるため友達の久美ちゃんに半分あげて・・・彼女は鶏セイロという冷たいお蕎麦を。

「おいしい、おいしい」と言いながら食べましたよ!隣の席の人たちも言ってました。

蕎麦湯が濃いところからも、いいお蕎麦だってわかります。

 

その後、『葉菜Caffe』さんへ。前にも一度来た可愛いお店。

お母さんと娘さんお2人で経営しています。

元々お米農家さんで、ランチは自家製の米・野菜、地元の山菜や牛肉などを使った手作りで、とても健康的で味わい深いんです。

ここではケーキセット(勿論、手作り)を戴きました。

久美ちゃんはニューヨークチーズケーキと珈琲、私はブラウニーと紅茶。ブラウニーは久美ちゃんと半分こ。

満席状態で、皆さん美味しそうに召し上がっていました。

ここでは同窓会の名簿を見ながら同窓生の名前と顔を思い出したり、亡くなった方の情報を知り驚いたり、悲喜こもごも色んな話をしました。

昔の写真で話にまた花を咲かせ、あっという間に時間が経ちます。

 

お店ではあく抜きをした蕨がひと束200円で売っていたので、2束おみやげに買って、帰ることに。

   うふっ♪久美ちゃん登場させました。 f:id:moshiryu33:20170609115138j:plain

(お許しも得ず、勝手に掲載してごめんなさいね~)

2人で映っているものは送ってもらってから後で、ね!  葉菜Caffeさんの前で。

 

久美ちゃんはテニス部でスレンダーで(今よりも)、いつもにこにこしていて、気さくで、心持のよい人です。

一度もけんかなどしたこともないし・・そう、けんかにならないというか。

 

この後お寺にお連れして、見学してもらい、小1時間ほどまたお喋り。楽しかったのでいつもより疲れませんでした。彼女の声とかテンポが合うんですね!きっと。

そして・・渋民駅へ送って、手を振ってお別れ。

まだ60歳とはいえ、なんとなく若い頃より「再会は貴重なんだ」って知りました。

 

ありがとう、久美ちゃん。明日はたっぷり愉しんでね。