思遠の毎日

日々のこと、感じたことなど、備忘録

さもなくも愛おしい日々。

寒い日のこと他

2月28日は、マイナス9~10℃でした。もっと寒い日もありましたが、その日乾燥室(洗濯物を干す部屋)がかなり冷えていて、窓ガラスが皆凍っていました。

 

f:id:moshiryu33:20170304145112j:plain

まだ凍り方が優しいです。窓の向こうには、森からお陽様が顔を覗かせて。

 

こちらは最近、雪が降った時の森。やはり寒々としていますね。

でも、綺麗です!

 

f:id:moshiryu33:20170304145247j:plain

 

 

 f:id:moshiryu33:20170304145416j:plain

零下の快晴日は、このように青空が広がります。

しばれる~~」と言いながら、身を縮めるばかり・・・

 

 

    *************************

 

私の入院が長引き、皆にお世話になった感謝を込めて、2日にはステーキをご馳走させてもらいました。

いつも買っているお肉屋さんに尋ねると、ブロックに切って冷凍してある、というので、見に行きました。できれば生がよかったのですが。

 

まあ、いいお肉を求めればいくらでも高いでしょうが、予算内で買えました。産地を聞くのを忘れましたが、勿論国産。県内産だったかもしれません。

ただ、自分は赤身が好きなんですけれど、こちらのものはかなり霜降りで・・・

 

下は、自分用のお皿。食べやすいようにちょっと小さく切ってもらったもの。

  f:id:moshiryu33:20170304150040j:plain

ミディアムレアに焼いてくれたおさんどん係のさとみさん。塩味もちょうどよく、皆「とろける~~♪♪」と喜んでくれました。

 

私は残念ながら・・やはり3分の1しか食べられず・・・皆にお分けして。

若者も和尚様も200~300gをぺろっと食べ、驚きました。

(ああ、やはり自分は。もう、これから先霜降り肉はいりません)

 

和尚様いわく、

「最高級の肉は、脂がしつこくないんだ。でも、今日のはこの辺の肉にしては旨い。」

と。よかった!

和尚様になる前、お若い頃背伸びしてよくホテルで召し上がったんだそうです。

牛肉の世界は、とにかく奥が深いようですね!