幸福はささやかに・・・

変化

まもなく60になろうとする自分に感じる、幾つかの変化。

 

 腰の痛み 

私の場合、右腰です。

これは幸い解消法があって、住んでいる人たち(女子)とマッサージのような方法でお互いにやってあげて、随分と楽になりました。

 

 食事量と自分の感覚が合わなくなったこと。

つまり、「食べたい」と感じる気持ちと、実際食べられる量が合わないということ。

 

    f:id:moshiryu33:20171116093644j:plain

 

目では、「もっと食べたい」と思うのに、もし食べちゃうとお腹パンパンになってしまうのです。特に脂っ気の多いものは駄目。天ぷらなどは最たるものです。

 

そして、余り鏡を見ないせいか、久しぶりに見たら、なんと!!

③ 法令線がちょっと長くなってしまった

よ~く見ると細いのが下に繋がっていました。結構ショックです。

 

今は金欠状態なので、もう少ししたらあるものを使用してみます。

一度出来たものは消えませんが、これ以上増やさないために・・。

 

④ くよくよ考えないのが身についてしまった。

これはいいことの一つ。

 

いろいろ考えればきっと皆さんに「マジか!?」と驚かれることがいっぱいあるんですけど、本人はおバカさんのせいか、不思議に毎日笑って暮らしています。

何か憂えて来られる方には、とても暗いお顔をなさっている人がいます。でもあまり暗い顔をしていると、それが板についてしまうので、気をつけたいですね!

普段はやはり静かでも明るい方と話が弾みます。

 

⑤ 洋服の数が大分減った。

 

冬物を取りにしまっている場所へ出かけたら、いつ人にあげたのか、コートも何もなくなっていました。ジャンパーはかろうじて見つけました。

冬物の下着はいっぱいあるのに、20年以上着たセーターもそういえばリサイクルに出したし、ズボン(パンツ)類もほとんどない。

 

     f:id:moshiryu33:20171116100400j:plain

 

マフラーや帽子、手袋はあるので、なんとかなるでしょう!

 

夏物も、百均の大きめバッグに一つ入る分のお洋服と、下着類だけ。面倒くさくなくていいわあ。

でもねえ・・・靴は、例のスニーカー(メフィスト)と皮の短めブーツだけ。雪で濡れるため、せめて長靴は必要かも。

 

⑤ お友達がいい人ばかりになった。

 

まあ、仲良しは数少ないんですけど。

若い頃は誰とでもOK! でしたので、長い間に少しずつ、合わない方は何となく周りからいなくなりました。私ばかりでなく、相手にとってもよかったでしょう。

 

自分で選んではいないんですよ。むしろ、誰でもいいほうなんですが、周りの心ある人から見ると、「随分利用されてるね!」と感じていたらしいです。

嫌いな人もそんなにいなかったから、いつかどうでもよくなるかも・・・ならないかな?

 

              ********

 

 

以上、意識しないでいた知らぬ間の変化です。目が悪くなったり、動作が鈍くなったり、記憶力が落ちたり・・そういったこともありますが、今感じていることだけ書いてみました。

でも、変わっていないところのほうがむしろ多いでしょうね。そこはまた、省みてみます。