読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思遠の毎日

日々のこと、感じたことなど、備忘録

さもなくも愛おしい日々。

無題

f:id:moshiryu33:20161112154649j:plain

 

月夜の晩に

白鳥の声がして

カラマツの木は

とうとう

葉を落としはじめた

 

 風と空気が

 その季(とき)を知らせ

 木々の葉は

 いっせいに離れ行くのだ

 

風は言う

 サリリ サルルだね

太陽は

 いや サワワ サワワだろう

 

カラマツの針は

 まったく細くて

 金色だから

 あっという間に

 地面は

 黄金色のじゅうたんになる

 

地上からは

濡れた甘い匂いが

 たちのぼり

空からは

雪が

ちらついてきた

 

  (ああ、まもなくみんな、白く覆われるんだろう)

 

わたしはしばらく

  まだ秋のままで

 

サリリ サルルと降る金の針と

あの甘い匂いを 抱え

ようやく

ゆっくりと 冬を迎えるのだ

 

月夜の晩に 白鳥の声がして──

 ゆっくりと 冬が やってくる