さもなくも愛おしい日々。

昨日のこと

f:id:moshiryu33:20161020081058j:plain

お早うございます!

晴天の昨日、私は大冒険をしてまいりました。

 

前日宗鑑さんに、「明日、海に行こうか?」と聞かれたので、

「あ、夕食の係だけど、間に合うなら行ってみたいなあ」

と答えた私。16時頃までに帰るなら・・と思って適当に答えたら・・

なんと、当日気が付いたことに、交通手段はバイ!!だったのです。

(めまいとか、大丈夫かしら?)と少し心配もあったのですが、お天気がいいので、行くことに!!

 

f:id:moshiryu33:20161020081148j:plain

7時半に出発。バイクは、大きいんです。

バイクはここに住んでいた男子のお母さまから寄付されたもの。若者がいっぱい来ますからね!

 

嬉しくて。       f:id:moshiryu33:20161020081424j:plain

自撮りしちゃいました。

 

f:id:moshiryu33:20161020081518j:plain

上は薄着だったせいか、計算を間違え・・寒いのなんの。

だって、この辺10℃以下ですからね。

外山、薮川は、本州で一番寒いところ。

 

出発して10分くらいで休憩。宗鑑さんが心配してくれて、コーヒーと小さいドーナツのセットを注文。

ちょっと体が温まったところで、また出発です。

 

途中、2度くらいトイレ休憩を入れ、

約2時間で、小本をまわってからここ普代港へ着きました。

小さくて、かわいい港です。

    f:id:moshiryu33:20161020081844j:plain

托鉢などで、沿岸を回ったとき、夜釣りを楽しむ宗鑑さん。

今日は早く帰らなければならないので、1時間だけ試しました。

 

小本もここも震災時は津波が来た上、先の台風のため、いろんなものが流れてきたようでした。もう片付けた後でしょうが、木のがれきがありました。

f:id:moshiryu33:20161020082656j:plain

 

 

f:id:moshiryu33:20161020082823j:plain こんな表示も残っています。

 

私はのんびり、海を眺めていました。f:id:moshiryu33:20161020083001j:plain

 

f:id:moshiryu33:20161020083029j:plain わかめが・・・

もったいないくらい、その辺にありました。

 

f:id:moshiryu33:20161020083100j:plain

カモメさんたちは、日の当たる温かい場所で、水浴び。とても楽しそうです。

 

    f:id:moshiryu33:20161020083140j:plain

 

f:id:moshiryu33:20161020083220j:plain

 

お昼はすぐそばにある食堂で、磯ラーメン、定食を食べました。釣りのほうは、なんだかダメだったそうです。

 

もう、帰る時間。宗鑑さんはバイクを飛ばします。

でも、後ろの私は、怖い怖い。瞬間ですが、最高で100キロ出ていましたから・・(内緒です)

 

f:id:moshiryu33:20161020083241j:plain

途中の紅葉。

 

   f:id:moshiryu33:20161020083427j:plain

 

f:id:moshiryu33:20161020083437j:plain

こちらは、外山の岩洞湖の近くです。水かがみがとても美しかった!!

 

f:id:moshiryu33:20161020083517j:plain

f:id:moshiryu33:20161020083525j:plain

 

f:id:moshiryu33:20161020083536j:plain

岩手山、ただいま到着~(⌒∇⌒) 

 

おみやげのかます。f:id:moshiryu33:20161020083556j:plain

海辺の魚屋さんで、1キロ500円で10匹買って、お夕食になりましたよ。

とっても美味しかったです!!

(このほか、雑魚の入った100円のと、イカを買いました)

 

              ********

 

駆け足でご紹介しました。初めての体験はスリリングで、楽しかったです。

ちょっとだけ、ばうさまのお気持ちがわかったような気がしました。

 

また写真は撮れませんでしたが、途中の岩泉の台風被害の跡も否応なしに見せられました。川沿いに道があるため、その川べりに未だ残っている流れた木や家屋の一部等々がひっかかっていたり、橋が落ちてゐたり・・。

 

また後ろがすぐ山という狭い所にあるお家も、いくつか泥にはまっていて、本当に大変だったことがわかりました。まるで視察に行ったかのような気持ちになったんです。

作業服を着た人たちもあちこちで見かけましたので、県や市による作業はまだ続いているのでしょう。ほんとうに、災害とは怖いもの、とまた思い出しました。

 宗鑑さんもバイクを時々止めて、二人でその被害の様子を目に焼き付けました。

 

楽しかった半面、胸の痛む面もあり、悲喜こもごも。

でも、私はこの日、行ってよかったなあ・・・もうあまりこんなことないだろうなあ、としみじみ嬉しかったです。

 

息子の(バイクの)後ろに乗せてもらえる幸せ・・をかみしめた一日でした。

 

 

分別の心からはなれ、今をただ自在に生かされますよう・・ 。