ざっくりと旅の様子を その1

台風が続いているせいか、湿度が高くてちょっと気持ち悪いこの数日です。

日本列島のどこから通ってどこを抜けるか、誰しも戦々恐々となってしまいますね!

来てしまったら覚悟するしかありませんが・・岩手の岩泉というところでは、近年珍しく(県内では)ひどい被害に遭ってしまい、本当にお気の毒です。とても風光明媚ないいところなんですよ、普段は・・。

土砂災害の恐ろしさを改めて感じました。(・_・;)亡くなられた皆様に、合掌。

 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

さて、8月31日出発の小旅行は、富山が目的地でした。あの有名な、『風の盆祭り』へ行ってきたのです!!うちの和尚様が、以前から行きたくて仕方がなかったらしく、皆のねぎらいも兼ね、車2台で出発しました。

 

約8時間かかって富山へ。近くなってくると、このように夕日が追いかけてきて、とてもきれいでした。さすが、西側です。

f:id:moshiryu33:20160906121228j:plain 車中の撮影

 

有磯海、というパーキングで一泊し、翌朝は外のベンチで持参したものを食べました。

そして水族館へ行きたい、ということでそちらに向かいますが、まだ早かったので、すぐそばの海岸へ。

 

    f:id:moshiryu33:20160906121700j:plain

きれいな石を拾ったり、水に足を浸して遊んだり・・ここは蜃気楼が有名らしく、春にはこの海岸に撮影する人がわんさと来るとか。

 

水族館で。  f:id:moshiryu33:20160906121845j:plain

皆童心に帰って、一所懸命見ています。

 

        松本清張みたいな貫禄のお魚。

f:id:moshiryu33:20160906122649j:plain

 

f:id:moshiryu33:20160906121953j:plain こちらはお魚エステ。

角質を食べてくれるとかで、いっぱい手にくっついてくすぐったい・・・!!気のせいか、食べてもらったほうの手がつるつるしてました。(⌒∇⌒)

 

f:id:moshiryu33:20160906122917j:plain

 

上はすごい長寿の亀さん。大きなお魚のエサやりも見学。

近くの埋没林というものも見られ、楽しかった~。

 

        🚙   🚙   🚙====

 

高岡の町で。f:id:moshiryu33:20160906122201j:plain

 

和尚様が伸びをしたのを皆が真似て、このまま横断歩道まで渡ってしまいました。

恥ずかしい!!(#^^#)

 

ここは、鋳物の街。f:id:moshiryu33:20160906123315j:plain

古い町並みが素敵でした。

     f:id:moshiryu33:20160906123640j:plain  小さなお城。車中撮影。

 

そして、いよいよ1日の夜です。いろんなお店で「夜行くといいよ!」と言われ、素直にそうすることに。不慣れな土地で、適当に駐車し、いざ八尾の町へ!!

 

      f:id:moshiryu33:20160906123934j:plain 

いい感じの灯篭が沢山立っています。

 

f:id:moshiryu33:20160906124009j:plain 最初に出会った踊り手たち。

天満町で、台に乗った方がとてもうまかったのでびっくりしました。見たことがなくても上手いとわかるものですね!!

 

    

   灯篭というか、提灯?は皆この形。f:id:moshiryu33:20160906124153j:plain

 

暗い中からおわらの歌と胡弓、三味線の音が聞こえてくると、そっちへ向かいます。

 

f:id:moshiryu33:20160906124323j:plain 

こうしたものを『夜流し』というそうです。とてもいいお声ですよ!!

 

いろんなお店も開いていて。f:id:moshiryu33:20160906124407j:plain

こちらは染物屋さんだったかな?暖簾とか、手ぬぐいを買いましたよ。

 

 

 

まずは、ここまで。昼食をとってから、また時間を見てアップします。

基本的におわらのお祭りの踊り手は、19~26歳までの男女。あとは子供や大人たちの好きな人たちが、それぞれ流したり、家の前で披露したり・・本当に町全体がお祭り一色でした。

では、しばらくお待ちくださいね! 万が一、明日になったら、ごめんなさい。<m(__)m>