さもなくも愛おしい日々。

涼しい梅雨どき

あまり強くない雨が、時々降っています。

今は太陽の光がどこからか射して、少しほっとしているところ・・。

 

                  ***

 

数日前、少ない檀家さんのおひとりから、シャクヤクをいただきました。

 

f:id:moshiryu33:20160618081553j:plain

大輪ののシャクヤク。色といい、花びらの豪華さに驚きました。

あちこちに生けて、楽しみました。(#^.^#)

 

観音様、如何ですか? f:id:moshiryu33:20160618081704j:plain

 

 お花があると、華やぎますね!(*^▽^*)

 

そして、雨に濡れた小路。

f:id:moshiryu33:20160618081759j:plain

しっとりして、空気もきれい。

 

さて、私はどちらかというと、旧暦に基づいたほうがしっくりくる方なのですが、今日を旧暦でみるといつかな?と思って調べてみると、5月14日。

 

そういえば「皐月晴れ」という言葉、実は「梅雨時の晴れ間」という意味なそうです。

新暦の5月は確かにこちらではよく晴れるので、長い間そう思って使っていたのですが、実は違っていたのですね。

 

語源由来辞典というサイトによりますと(皐月(さつき) - 語源由来辞典)皐月の「皐」には「神に捧げる稲」の意味があります。

 

以前ご紹介した千葉望さんの≪陰暦暮らし≫ にも書かれていて、早苗の「さ」もやはり農耕に関係あるそうです。「さ」の付く言葉、まだありそうですね。

 

そして、松尾芭蕉が平泉の金色堂に着いたのは大体この頃で、新暦ですと6月29日。

これも望さんの本から知りました。

ついでに言うと、この本にはけっこう歴史のことも書いてあり、面白いです。

高校時代、近寄りがたいくらい美しい上に頭のいい人とは思っていましたが、よく色んなことを知っておいでで、読むたびに感心します。 ご一読、お薦めします!!

 

 

さて、今日は涼しくていい日ですので、ちょこちょこ動こうと思いますよ。

では皆さま、よい週末をお過ごしくださいね。

 

分別の心からはなれ、今をただ自在に生かされますよう・・ 。