穏やかな一日

この数日は、ずっと曇りがち。せっかく琴座流星群が来ているというのに・・。

 

今日は、今月二回目の托鉢をしました。雫石という町で、宗鑑さんと2時間半ぐらい。歩き始めてすぐに、

「リスを轢いてしまいました。拝んでください」

と、千円入れてくださった方がいました。ひとつお経を唱え、小冊子もお渡ししましたら、ちょっと泣きそうなお顔で行かれました。

タバコ屋の90歳くらいのお婆ちゃんが百円玉5枚を入れてくださり、思わず握手を求めると、お互い、なんとなく涙があふれて・・。

それと、昨年もお邪魔した同じお店の方に挨拶すると、涙を流して喜んでくれました。なんだか、こちらの方が恐縮します。

こんな出会いがたくさん、あります。

帰り道に、昔ピアノを教えた生徒さんが始めたお店に立ち寄ると、びっくりされて・・お茶をいただいて帰ってきました。あの頃は私は26歳。もう、生徒さんも中年です。

 

                 *****

 

話は変わり・・・・

昨日、ISAKUさまが教えてくださった映画「Pay it Foword」を動画で観てみました。この運動については前から知っていましたが、映画については知りませんでした。

 

   www.youtube.com

このハーレイ・ジョエル・オスメント君の小さい頃出ている映画は、大体観ているのですが、「A・I」だけはやるせない映画でした。

 

ペイイットフォワード

別表記:ペイフォワード
英語:pay it forward、pay forward

ある人物から受けた親切を、また別の人物への新しい親切でつないでいくことを意味する英語。または、多数の人物が親切の輪を広げていくための運動のこと。アメリカ合衆国などで突発的に一つの場所で行われることが稀にある。ちなみに同一人物にお返しすることはペイバック(pay it back,pay back)というが、これでは2人の間で親切が途切れてしまう上、悪い意味でのお返し(復讐)の意図も含んでしまうことがある。

 

ISAKUさまは恩送りとして、ブログに書かれていらして、なるほどと思いました。

誰かからいただいた恩を、ほかの誰かに渡す。行わなければ知っていることにならないので、これからも忘れないようにしたいです。ISAKUさま、ありがとうございます!

 

自分の心を落ち着けて、エネルギーを送れる自分でありたい、と仰るlei-lineさま。具体的に物資の送り方を考えて発信してくださっているhappy-okさま。他にも皆さんの祈りがひしひしと伝わり、では自分は、何ができるか?と。

 

日々行っている読経でも、皆さんのことを思い、いつもに増して祈ります。

kaldersaさまが「タバコ」もほしい方がいるのでは?という案にも共感しました。これから被災地の方の日常がある程度正常に戻るまで時間がかかるでしょうから、そういった嗜好品もいいですね!

 

皆さまのお知恵や温かい心を感じられる日々に、手を合わせます。

そして、学びと慈悲を分かち合えるお仲間に━。