さもなくも愛おしい日々。

たまにはお金の話

ここで暮らしていると、つい、自分の前の境遇を忘れてしまいます。

          f:id:moshiryu33:20150716175146j:plain

とはいえ辛うじて生活費も払えるし、取り立てて苦労はなく、日々を大切に暮らしています。

 

生活費という実費は確かに存在します。決まった額を皆、夫々払い、それで生活が成り立っている。

スタッフという、外に向けての一応の言い方はありますが、誰もお給料をもらわないし、どう考えてもそういったお金が出るほどの生活費ではありません。

ですが、それなりに工夫すれば、なんとかなるものです。例えば畑もそうですし、節約しながら、上手にやりくりしています。

 

私は若い頃、音楽教室で働き、途中母校の高校教師(音楽)もしました。その教室は8年ぐらいでやめ、後は自宅で教えました。

そんなに高い収入ではありませんでしたが、まあ暮らせていたし、家族の看病とかもあったので、時間がしょっちゅうとられてしまい、自分には「自宅で働く」という選択は合っておりました。

 

前のだんなさん(と言っても一回しか結婚してませんが)は医者ですが、天に引き裂かれるような事件があって、離婚。数年後から送られてきた子供の養育費は月2万円。今考えると、要求しなかった自分が馬鹿です。詳しく言えば、24歳からシングルマザーになってしまいました。

でも、お金のことであまり争うのは嫌ですので、頑張れるだけ頑張ってきました。

子供も自分からしたらとても立派に(??)育ってくれたし、まあ、それだけでも元を取った感じです。

 

その頃、何故か分かりませんがたまたま桐島洋子さんの本をよく読んでいました。

(社会で堂々と働く)シングルマザーの走りと言われる文筆家で、美しいお子さんを3人育てられ、夫々活躍されていますね。その本の中で、印象に残った言葉がありました。

「・・・座して一年食べられるお金があったので・・・」

これには相当ショックを受けました。

私には、せいぜい一ヶ月ぐらいしかそんなお金はありませんでしたので、(すごいなあ、さすがだなあ・・)と尊敬したものです。したいようにするということには、かなりのリスクが伴う、ということを桐島さんから教わったように思います。

でも実際は、桐島さんはとてもとても苦労されているんですよね。ただ、愚痴とか言うのは美意識と誇りが許さない。その点も、結構好きでした。

 

でも、自分は結局一年座して食えるお金、というものを貯められないまま来てしまいました。それがちょっと悔しいです。

12年前ぐらいに脳の手術を含む病気をして仕事が全く出来なくなったとき、少し考えていた、アパート経営について、思い切って実行することにしました。

実家、またエキスパートの会社とも相談し、お金はかなりかかりましたが、それも家賃収入から返済できる、素敵なアパートを建てることは出来ました。収入はそれまでの半分になりましたが、「暮らせる」と言うことで、あまり苦ではありませんでした。

 

そしてそれまでも「お寺で生活したい」と常々考えていた自分は、毎日通ってはいましたが、そのときを機に、とうとうお寺に移ったのです。それはとてもわくわくする、楽しいことでした。アパートには自分の部屋も確保してはいましたが、それも貸して・・・。

一人ぼっちが割に苦手なので、とにかくお寺は大正解でした。

それにここでの暮らしは、外から来るときとは全く違いました。全てが学び。全てが礼儀。全てが新鮮で、たまに体が疲れるときはありますが、心がへたることはありません。

それは、収入が半分になったとしても、10倍、100倍ぐらいの力をもって、私を蘇らせてくれたと思います。

 

今、アパートが古くなって駄目になることを計算すると、20年ぐらいしか収入を見込めません。地震とかの災害でつぶれたら、また違ってきますが・・。

また僧侶の皆さんのように「托鉢で生きる」ことは自分には出来ませんので、ここに迷惑をかけないよう、最低の収入が入るよう、再びちょっと考え始めています。

まだ何も決まってはいませんが、どんな年齢になろうと、最低の収入が幾らか入るようにしたい。年金は、多分少ないでしょうから・・・

 

他のみんなは生活保護の方もいれば、年金生活の方もいますし、働いてお金を貯めてここに来た方、すご~く成功してアーリーリタイヤメントした女性もいれば、様々です。また、ここから働きに出ている方もいます。

様々な方法で皆、頑張ってきたし、現実的に頑張っているわけです。

 

心から安心して暮らすためにも、生活が成り立たないといけません。しかしお寺では、とても困っている方で、和尚様が認めた方は、数か月無償で面倒をみることもあります。とはいえなるべくは皆が最低の生活費を払ってくれたら、それに越したことはありません。

                     f:id:moshiryu33:20150716175933g:plain

これからは「お金のために働く」というよりも、もっと違う働きかたをしたいので、一生、自分が楽しいと思える生き方をしながら、食べられたらいいなと思います。

もう、子育てもないし、家族の面倒(4人)をみるのも終わった。あとはここのみんなと協力して助け合って、学んでいくだけです。

 

そうそう、こないだ整理整頓をしていて(これ売れるんじゃないのかな~?)と思ってそういったお店に持っていったら、なんと9万円ぐらいになりました。

ひょえ~!!とびっくりした私です。ちょうど、お金のかかる月でしたので、とっても助かりました。

 

そうやって少しずつ物も整理に整理を重ね、もっとシンプルになって、質素でも満足できる生活をしながら、やはり最低の収入は見込んでいくつもりです。

でもね、何をどうしようかな~??っていうのが正直、今の自分ですが・・・

 

・・・面白くない文で御免なさい。でもたまには、こういうことも大事でしょ??