さもなくも愛おしい日々。

ちょっとだるい話ですが・・

           f:id:moshiryu33:20150407074813j:plain

連翹が咲き始め、庭がパッと明るくなりました。

 

猫部屋が完成しつつあります。f:id:moshiryu33:20150407075402j:plain

 

こないだ弟の家から持ってきた猫タワーも設置、専用部屋になります。

大工見習いのS君が、最小の材料でさっさと作り始め、そろそろ出来そうです。

 

 

      f:id:moshiryu33:20150407075700g:plain

 

夕べ女性のお客様が来ました。前少しだけ滞在したことのある35歳の彼女。大学院で勉強中、何をしているのか話を聞いてもさっぱりわかりません。

それと勉強もしたいし、結婚もしたいけど・・・こんな人がいて好かれているんですが、どう思いますか?・・・

色々話してくれるのはいいけれど、あのねえ・・・

「なんだって、あなたの気持ち次第。人に相談しても、それが定まらなければ、どうにもならないと思う。素直に自分の気持ちに従うことも大事じゃないかな?」

と私は言いました。

 

自分はとてもはっきりした人なので、こういった曖昧な話は苦手です。好きなのか嫌いなのかもわからない、ってことありますか?もてているのを話したいのか・・

彼女はお世辞にも美人さんとは言えないし、体も太っていて正座も出来ない。家事も親任せ。ただ、勉強が好きで悪気もない、という感じ。自立を目指しているということですが・・話があるうちに、一度は乗ってみてもいいんじゃないの?

 それで駄目になったら駄目になればいいし。

 

あまり知らない人なら、付き合ってみないと判らないでしょうね。でも、何となく直感で嫌だな、と感じることってありますから、私はそれに従います。(従ってきました)

 

一度、こんなことがありました。今では笑い話です。

 

30代の頃、高校の同窓生(同じ学年)だという男性から電話がありました。その人を私は全く知らなかったので、アルバムで見て、少し思い出しました。見たことがあるというだけです。で、「子どもがいるのも知っているし、それを含めて付き合ってほしい」と。

私は考えました、はっきり言ってくれてるし、子供のためにも一度会ってみようか・・・

 

そして約束して東京まで行ったのですが、電車が着く頃彼は階段を下りていて、私はホーム、すっぽかされたと勘違いし、うろうろ歩いてはぐれ、結局戻ってきました。更にもう一度会いたいと、高速のインターの駐車場で待ち合わせましたが、どちらも反対側にいて、会えません。

2度目のとき、私は(ああ、この人とはすれ違うんだ。やめよう!!)と、決めました。それでも相手は何度か会おうとしてくれて申し訳なかったんですが、なんだか時間ももったいないし、馬鹿馬鹿しくなっちゃって。

その人はわざわざ東北に転勤願いまで出して近くの県まで来てくれたらしい。ただし、決めたら変えないのが私。いい人かもしれなかった、ということも考えない。

 

見合い話も少しあって、でもやっぱりピンとこない。そのうち結婚には興味がなくなり、後半人生の生き方だけしっかり考えようという方向になって行きました。

大恋愛の話は、どうしてもブログでは書けません。いい想い出はそっとしまっておくもの。

 

先の彼女はまだ30台、でもね、すぐ40になっちゃうよ。時間って、跳ぶように過ぎるの!

まあ、チャンスがあったら、その気があったら、恋愛に限らず何だってその波に乗ってみること、と私は思いますよ。失敗したって、いいじゃないの!!

 

 

分別の心からはなれ、今をただ自在に生かされますよう・・ 。