思遠の毎日

日々のこと、感じたことなど、備忘録

さもなくも愛おしい日々。

一つの別れ

                   f:id:moshiryu33:20150329111052j:plain

今朝の空。濃い青が寒そうだけど、その中に温かさも感じます。

 

今日は休日。皆が昨日作業で持ってきてくれた(元実家の倉庫)私物の整理をしなくちゃ! それと4月号の原稿の編集をね。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

実は最近、ある子の事件があって、その子は数日中にお母様と帰ることになりました。来て数ヶ月の間に、作業で使う物や本、CD、その他いろんな物を盗んでリサイクルショップに売っていたのです。総計20万以上の被害です。それも、ちょと見わかりにくい物を選んで、やっていました。新品とかではなく・・・!

 

彼を信じて皆で面倒をみていた途中でも、その子はいい事を言いながら沢山裏切っていたんだな、と全員ががっかり。

少し障害があって、それゆえになかなか身についた(悪い)ことが治らないということ・・うそをつくのは大得意・・多くの事を考え判断された和尚さまは、肉体労働のところへ行って住み込みで働くよう勧めました。

彼がいれば、ここでは全ての部屋に鍵をかけなくてはならず、それをしないのが私達の誇りでもあり、当たり前の安心だったのです。

うまくいくかわかりませんが、とにかくもっと苦労してほしいです。今は、家へ帰れると思って若干ほっとしているように感じますが。

 

一人で育ててこられたお母様はかなり泣いておられ「甘かった・・・」と大反省。でもね・・もう大きくなっちゃったから、今後何かやったら、刑務所に入るかもしれないんだよね・・・

 

今までも様々色んなことがありましたが、ここまで当たり前のように日常の一つとして盗みをする子はいなかったので、残念ですが、さようならです。

 

 

私も振り返ってみたんですが、早くから母子家庭で、どちらかといえば舐めるように可愛がりたい私。でも意を決して男の子の育て方を知人の男性に聞いたんです。すると皆さん、一様に

「あまり手をかけるな」

「ほっとけ」

「小さいときは叩いてもいいから、悪い事をしたら厳しく」

と言ってくれました。それに私の祖父や父、弟が二人いましたので、みてくれたのが大いに助かりました。

だからどうの、ということではありませんが、悪い事をするのを止めるには、相当総力が必要です。早め早めに手を打ってほしいですね!!