さもなくも愛おしい日々。

気の合うって・・?

 

最近不思議だったことがあります。

.

久しぶりに再会した友達二人がどちらもこう言ったんです。

 

「もういい加減人生半ばまで来たし、さらに気の合う好きな人や自分より上の(高尚って事?)考えの人と付き合いたいんだよね」

 

(フ~ン、へえそうなんだ~)と感心しました。でもそういえば私も、若い頃からそう思って暮らしてきたので、久しぶりに聞いたなあと。また無理に人に合わせるんじゃなくて・・・孤独にも強くないとそれは出来ないし。

 

日常が物とか家とかいいものの中で暮らしている人が、そのレベルを下げるのは難しいように、人間として精神的に何か高いもの(言い方が判りませんが)をもって暮らし、それが自分に身についていたら、下げるなんて事はまずありえないでしょう。物を捨てるより難しいことだもんね。

マララさんとか、若いのに勇気があって賢い少女など、もう既に高いレベルで世界を見ているのでしょうね。

 

先の友達の一人はお商売、一人は子供たちと関係のある大事な仕事で、どちらもかなり忙しそう。行動範囲も広いし、付き合う人も多い。私は社会的には隅っこのほうにいる人間ですから、そういった意味では堂々たる彼女らを尊敬しています。

 

もしかすると、貧乏でも笑って暮らしている、世間話とかあまりしないシンプルなお寺の暮らしが珍しくて、会いに来るのかな?・・・私にはわかりません。

 

でも二人とも気の合う人たち。お話も面白いし、色々刺激になります。

 

社会で仕事をしていれば、気が合う・合わないで人を選べないことが多いですから、おのずと人間を磨かなくてはいけません。だから仕事って、すごい修行だと思う。

でも、何処でも──家庭であれ仕事上であれ、自分の今いる場所でしか、自分を磨く事は出来ないんですよね。

 

 私はね、もっと心の広い人になりたいなあ。短気を直して・・

大らかで、どんな人も優しく受け入れられるひとに。      f:id:moshiryu33:20150121172756j:plain