さもなくも愛おしい日々。

ああ、今日も寒い。

   f:id:moshiryu33:20141205075628j:plain 光が当たって、はっとした唐松。

 

    f:id:moshiryu33:20141205075717j:plain

     皆の部屋がある建物も光って綺麗。

 

       f:id:moshiryu33:20141205075800j:plain 東側の森。

枯れ木はこんな風に、真っ白になります。

 

朝のお茶の時間は朝餉の終わった7時過ぎから8時まで。未來ちゃんの京都での話を聞いているところです。

ここで91歳で亡くなったMさん(おばあちゃん)は、以前京都のその場所で45年暮らしたので、未來チャンの話とあわせて思い出しているところです。いわば、求道の人生を生きた方。最期はまるで極楽に行ったかのような「請け申された」感動の姿を見せてくださり、涙・涙で看取ったのです。

 

性格はおっちょこちょいで、せっかち、口うるさいところもある人でしたが、働き者で・・・・・

つまりは言葉にならない美しい雪景色のように、Mさんは心が美しい方でした。

 

朝から、なんだか透明になった感じ・・・

実際冬は寒いし大変だけど、皆でこういった話が出来るのは、魂の栄養という感じがする。

 

私、夕べは顎関節が痛んで1時間半しか寝てないけど、なんだか元気がでてきた!!

 

分別の心からはなれ、今をただ自在に生かされますよう・・ 。