さもなくも愛おしい日々。

我が家(お寺)の紅葉

f:id:moshiryu33:20141018160201j:plain

まずは、和室から見えるモミジから。

    f:id:moshiryu33:20141018160244j:plain

空も美しいので、黄葉が映えます。今朝の画像から。

 

     f:id:moshiryu33:20141018160417j:plain

未来ちゃんとリンちゃんがいます。池の傍で。

 

午後は曇って少し雨も降りました。

ぼんやりと、まるで『小さい秋』に出て来る歌詞のように乳白色の空。その代わり少しあったかい。

私は夕べ珍しく読書で零時まで起きてたので、また昼寝しましたよ。そしたら・・・・お恥ずかしい、yoshikiさんになんか楽器を習っている夢を見ました。

きっと、和尚様が仰ってた、toshiさんの本(宗教に洗脳されて11億とられた、あれ)の話が残ってたんでしょう。

いや~変な、面白い夢でした。 

そして、本の方は『無私の日本人』(磯田道史著)です。その中の一つめは、江戸時代後半、郷里全体を助けるために藩にお金を貸し付けるという奇策を考え、自分達は私財をなげ打って、貧しい人から皆で実際それを行なった人たちとその街のお話です。お金を沢山出した人ほど、人々の下になって自重するよう子々孫々にも伝えている、奇特な街。今でもその中のお店が一軒、残っているそうです。(息子が托鉢で実際その店に行ってみたそうですよ。街はあまり繁盛していないように見えるけど、皆さん、よくお布施してくださったそうです)

二つ目も面白そうです。

 

皆は牧場のお祭りに行って、牛肉食べたり、長靴飛ばしゲームをやったらしい。未来ちゃん、おお張り切り!若いっていいね!!

 

分別の心からはなれ、今をただ自在に生かされますよう・・ 。