思遠の毎日

日々のこと、感じたことなど、備忘録

さもなくも愛おしい日々。

へえ~・・ 

小栗旬さんが、「カッコーの巣の上で」の舞台で主役(?)をされると。・・・そうなんだ。見に行きたいなあ。あの映画強烈でしたね、とっても印象に残ってます。それからジャック・ニコルソンのファンになりました。

最初、うちにいる男の子が(当時へなちょこ金髪チャラ男)「〇〇さん(私のこと)、一緒に見ましょうよ!」と半ば強制的に見せられたのがなんと「クローズゼロ1」のビデオ。もう嫌だったんですが、彼は来たばかりで少しの間何か一緒にいてくれる人が必要な時期でしたので、一応付き合いまして、その時初めて旬さんを見たわけです。何もストーリー覚えていません。ある年齢の男子は好きらしいですが、汚い映画でした。
どちらかというと山田孝之さんも上手くて腹が据わっていて好きなんですが、主役の旬さんはやっぱり飄々として、どっか汚れないというか、(この子、将来時代劇とかいろんな役のできるいい役者になるだろうな)と感じました。

でもテレビでは既に大活躍されていたんですよね。最近「リッチM・プアW」の再放送していて、時々見てましたが、やっぱり役になりきっているなあ、(子役からやってきたと聞きましたが)と、滑舌もいいし、見た目も身長があってカッコイイですね。見るからの美形よりは、好きです。


でももう、チケットないだろうなあ。行きたいなあ。再び、とあるから以前も舞台されたんですね。へえ~