さもなくも愛おしい日々。

只今休憩中

5月号の小冊子編集中でした。いつも25日には原稿集まるのに、まだ全部集まってなくて、花見にも行けない気分。といっても近所で十分美しいから、いい。ということにしよう。(`・ω・´)

今日はグダグダ書きます。

ちょこっと見た、韓国のあの悲惨な船沈没の後、「日本は違う、日本人はちゃんと助ける・・・」みたいな記事を読んで、ふゥ~とため息をつきました。なかなか感情の起伏が激しいですなあ。
大統領がやめなくてはいけない、というとこまでいく、この国の人々の怒りエネルギーは、ちょっと凄い。確かに私も親だったら、堪忍袋なんか最初からぶちきれてしまっていると思いますが。

テレビで、船から万が一の時の脱出法をやってましたね。それに昨日からの山火事もあって、普段はいいけれどいざというときのことは考えておかなくちゃいけない、と改めてよぎりました。あまり持ち物はないので、簡単に引き出しに入れておきます。
ついでに・・・前のブログで書いたこともありましたが、断捨離の先生が「靴は5足しかありません」と言っていて、私も調べたらきっちり5足しかなく、ほかのユーザーに褒められたことが・・・褒められる何ものもないのですけど、服も数えられます。もし買ったら、必ず古いものはリサイクルに出します。というか、リサイクルに出すと決めて、買います。

それでももらいものとかで物は増えますね。なので、気をつけて増やさないようにしています。本当に大事なものは、命と信頼と、まあ生活できるための根拠となるもの。みんなの命ももちろんです。

時々、こうした人災・天災を通して、何かギュ~ッと大事なところに頭が集約されます。点みたいな、そんな感じ。そうするとあまり何もなくて。
最近買ったものは、リサイクルの店で3点。私にしては高くて、2000円ぐらい。紫のトレーナーと緩くて大きな薄いセーター、綿混のベスト。可愛いし、利用価値がありそ気です。

そろそろ靴は一足、捨てなくちゃ。



じゃあ、また。だらだらちっくでごめんなさ~い。m(_)m

分別の心からはなれ、今をただ自在に生かされますよう・・ 。