さもなくも愛おしい日々。

とりとめなく

昨日のメニューから

f:id:moshiryu33:20170920205348j:plain 

大根の煮物。ピーマン素揚げ生姜醤油。上のコロッケは、昼食で作ったカボチャコロッケの残り。

f:id:moshiryu33:20170920205400j:plain 

サラダ。鶏ムネ(熱湯に一時間つけてスープを取った残り)とキュウリ。大根の皮のキンピラ。

f:id:moshiryu33:20170920205413j:plain 

香の物。レンコンの甘酢漬とミニキュウリの芥子漬。

f:id:moshiryu33:20170920205428j:plain 

 ラムと玉ねぎの炒め物。

 

 

頭痛で臥せっている子があまり脂っこいものが駄目なので、ムネ肉の料理や和風の煮物も作ります。

漬物は殆どお手製。当たり前ですけど、買うと高いしね!

 

今日は・・昼食に素麺、お八つは焚き火でジャガイモ焼きなど。

夕食には簡単に、鮭の焼き物、えのきと厚揚げの煮物、ナスのマリネ(昨日のうちに仕込んで)、若布・中華くらげ・ハム・春雨の酢の物、ナスの味噌汁、香の物は奈良漬と芥子漬。ご飯は、古代米を入れて赤くして。

 

 

手の込まない料理でも、メニュー全体のバランスを考えるのが面白い。ようやく2食作るのに慣れてきました。

それに、冷蔵庫や貯蔵しているものを全て把握できるのは、責任も感じる反面、とっても楽しいです。それらをどう組み合わせるか、どう経済的にやりくりするか、同じものが続かないように工夫できるか。自分の采配で、その日の食事が吉と出るかどうか・・・スリル満点、わくわくします。

 

主婦って、真面目にやるとほんとうに奥が深いですね~~

 

昔の・・と言っても昭和初期ぐらいの優秀な主婦の方の本を読むことがあります。

そうした方たちは、たいてい、その時代の暮らしどおり、お舅さんやお姑さんと暮らしています。厳しくその家の味を仕込まれたり、食品や庭で採れた木の実などの保存方法を習ったり、とても知恵があるんですね。ご主人の好みをしっかり把握され、毎日の工夫の素晴らしいこと。お年寄りにはお年寄りの好みと、身体に合ったものを作る。

しかも、便利な電化製品も今ほどないので、手作業が多い。

私など、とても勤まりません。

 

ただ、それらを読んでいると、嫁いだ家に馴染むことでその家の人になっていく覚悟と実践の楽しさ(大変さも伴うが)、義理の両親への思慕なども感じられ、嫁を失格してしまった自分からすると、ほんとうに素晴らしいと思いました。

繰り返し読んで、真似できるところは真似したいです。

 

最後に、今日のよかったことは・・・

息子に教えられ、重曹を使って換気扇(台所の)を綺麗にしました。水を使わないんです! ただ最後にお湯と洗剤で仕上げます。いいこと覚えました。

焚き火の火でジャガイモを焼いて、皆と食べたこと。ほくほくして美味しかった!

 

ああ、今日もいい日でした。